動物愛護法に伴う、義務と責任・適正飼養に関する資料

動物を飼うことは、動物の命を預かることです。飼い主は、動物が健康で快適に暮らせるようにするとともに、社会や近隣に迷惑を及ぼさないようにする責任があります。

人と動物が共に生きていける社会の実現には、飼い主自身のモラルとマナーが必要です。

飼い主の方へ
守ってほしい5か条

  1. 動物の習性等を正しく理解し、最後まで責任をもって飼いましょう。
    飼い始める前から正しい飼い方などの知識を持ち、飼い始めたら、動物の種類に応じた適切な飼い方をして健康・安全に気を配り、最後まで責任をもって飼いましょう。
  2. 人に危害を加えたり、近隣に迷惑をかけることのないようにしましょう。
    糞尿や毛、羽毛などで近隣の生活環境を悪化させたり、公共の場所を汚さないようにしましょう。また、動物の種類に応じてしつけや訓練をして、人に危害を加えたり、鳴き声などで近隣に迷惑をかけることのないようにしましょう。
  3. むやみに繁殖させないようにしましょう。
    動物にかけられる手間、時間、空間には限りがあります。きちんと管理できる数を超えないようにしましょう。また、生まれる命に責任が持てないのであれば、不妊去勢手術などの繁殖制限措置を行いましょう。
  4. 動物による感染症の知識を持ちましょう。
    動物と人の双方に感染する病気(人と動物の共通感染症)について、正しい知識を持ち、自分や他の人への感染を防ぎましょう。
  5. 盗難や迷子を防ぐため、所有者を明らかにしましょう。
    飼っている動物が自分のものであることを示す、マイクロチップ、迷子札などの標識をつけましょう。

飼い主の義務

ご存知ですか?
「狂犬病予防法」「動物愛護法」
各地域の条例などで定められている飼い主の義務があります。


本来、ペットショップなどで動物の購入時に動物の飼育方法などだけでなく、これらの法律や条例についての知識、法に基づく命の管理や適正飼養についてを教えるべきだと思います。

なぜなら、間違えば違反や犯罪となり、厳しい罰金や罰則もあるからです。

動物を購入することに伴う飼い主としての『責任』『義務』について学ばなければいけないのですが、実際には、売買のみとなってしまっていて、結果的に無知で「義務」を怠る無責任な飼い主がとても増えています。

今後の法の改正の折には、良くも悪くも飼い主(義務と責任)を生む場所でもある動物を取り扱う販売するショップ先での『責任』『義務』としても飼い主と同様に法で定められることを強く望んでいます。

世の中の皆さんが動物好きな人ばかりではありません。

私達が大好きな犬猫が社会的に認められるためにも、愛されるためにも、地域の迷惑とならないように、飼い主としての自覚をもって、飼い主となることを学び、義務とマナーを守りましょう!


犬の飼い主として知っておかなければならない法律

  1. 狂犬病予防法
  2. 動物の愛護及び管理に関する法律(以下、動物愛護法)

の2つは、最低限知っておかなければならない法律で、飼い主はこの2つの法律を遵守しなければなりません。


狂犬病予防法は、犬の登録や年に1度の狂犬病予防接種、及び鑑札と注射済票を犬に装着させる義務等を制定しています。


罰則規定

狂犬病予防法第4条の違反については、20万円以下の罰金に処せられる罰則が規定されています。

犬の登録(畜犬登録)は、戸籍とか住民票に相当するものですので、原則として犬1頭につき生涯1度です。複数の犬を飼う場合には、犬ごとに登録が必要となります。


動物愛護法に基づく飼い主としての責務

動物愛護法の基本原則と罰則規定
動物愛護法は飼い主に限らず、全ての日本国民に課せられた法律です。
第一章第二条に定められている「基本原則」をまずは知りましょう。
とくにポイントとなる部分だけあげてみます。


基本原則

動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、 人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。

何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養または保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養または保管を行うための環境の確保を行わなければならない。

ペットを大切にし、ペットの特性や特徴に応じた飼育をし、健康に留意し、人の生命や財産に害を与えたり迷惑をかけないように努めること
(第三章第一節第七条)

病気の予防、感染症の予防に努めること、病気に関する知識をもち、早期発見・治療を行うこと
(第三章第一節第七条の2)

動物の逸走(迷子や脱走)を防止するために必要な措置を講ずること
(第三章第一節第七条の3)

途中で飼育放棄しない、できる限り、動物がその命を終えるまで適切に飼養すること
(第三章第一節第七条の4)

無責任な繁殖を行わないこと
(第三章第一節第七条の5)

動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置として、環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない。
(第三章第一節第七条の6)

この動物愛護法を違反した場合の罰則は厳しく、以下のように規定されています。


罰則規定

  • 愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
  • 2年以下の懲役または200万円以下の罰金

  • 愛護動物に対し餌や水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
  • 100万円以下の罰金

  • 愛護動物を遺棄した者
  • 100万円以下の罰金


    法律以外にも知っておきたい政令や条例の存在

    ここまでに紹介した「狂犬病予防法」「動物愛護法」以外にも、法律を基にした様々な政令や、都道府県による条例が定められています。


    街中や公園でのノーリードでの散歩の禁止、放し飼いの禁止、糞の放置の禁止など、内容もより具体的で罰則も当然ありますので、お住まいの地域の条例にも必ず目を通して知りましょう。

    以下の各リンク先には、動物愛護法に基づく適正飼養や義務と責任などについて、わかりやすくまとめられたものが環境省より出ています。
     
     

    環境省 pdfファイル

    まもれますか?ペットの健康と安全
    ⇒ こちらから
     
    見つめ直して 人と動物の絆
    ⇒ こちらから
     
    家庭動物等の飼養および保管に関する基準のあらまし
    ⇒ こちらから
     
    宣誓!無責任飼い主0宣言!!
    ⇒ こちらから
     
    わたしの愛犬 家族だから守りたい
    ⇒ こちらから
     
     

    どうやって使う

    環境省のpdfファイルをコンビニなどで簡単にコピーできます、冊子にしたりして手元に置いたり、譲渡会などのイベントで配布したり、ショップなどにコピーした冊子を置いたりする事で、正しい飼養についての情報の普及に努められます。
     
     

    ご自由にご利用下さい (pdf)

    わたしの作成したものです。
    こちらはご自由にご利用下さい。
     
    ⇒ 飼い主の義務
    ⇒ 迷子にさせないために
    ⇒ 迷子の動物を見かけたら
    ⇒ 犬の鑑札と注射済票の義務について
    ⇒ 動物の虐待と遺棄を通報しよう


     
     

    動画でみる適正飼育について

    年間21万頭。「引っ越すから」「仕事が忙しくなったから」「増えすぎてしまったから」など飼い主による飼育放棄や迷子、所有者がいないなどで、自治体の保健所や動物愛護センター等に引き取られる犬や猫の数は、年間21万頭にものぼります(平成24年度)。そして、その約8割近くが、やむを得ず殺処分されています(病死・自然死を含みます)。
    この現状を多くの方に知って頂くとともに、命あるペットを飼う前に、本当に飼えるかどうか考えることの重要性、そして飼い主の責務を認識して頂き、飼育放棄や迷子等で引き取られる犬や猫が少しでも減ることを目指して、映像を制作しました。この機会に多くの方々にご覧頂き、ペットの命をあずかる責任の重さを、あらためて認識して頂きたいと考えています。

    「ペットを飼うってどんなこと?」「ペットを飼ったらやるべきことは?」犬や猫などのペットを飼う前に良く考えてみよう!そして、飼っている人も、もう一度しっかり考えてみよう!命あるペットを飼う前に、本当に飼えるかどうか考えることの重要性や飼い主の責務を認識して頂き、安易な購入による飼育放棄等が少しでも減ることを目指し、子ども向けの映像を制作しました。この機会に多くの方々にご覧頂き、ペットの命をあずかる責任の重さを、あらためて認識して頂きたいと考えています。

    動物愛護精神と適正飼養を広く普及啓発するため、犬を飼うことの素晴らしさや、飼い主としての責任を分かりやすく伝えます。
     
     

    動物取扱業者について

    地域で動物を販売するペット・ショップの在り方、販売の仕方に疑問があれば、ペット・ショップに話したり、改善がないようなら通報もしましょう。
     
    動物取扱業者(第1種動物取扱業者)の方は、動物愛護管理法等の改正に伴い、平成25年9月1日から新たに下記について対応が必要となります。
    ⇒ 取り扱い販売業者(動物愛護法)
    ⇒ 取り扱い販売業者(動物愛護法)
     
    取り扱い業者
     
     


    Related articles:

    ⇒ 動物愛護法に伴う、義務と責任・適正飼養に関する資料
    ⇒ 迷子にさせないために
    ⇒ 迷子にさせてしまったら
    ⇒ 迷子を見かけたら
    ⇒ 動物の虐待の禁止
    ⇒ 動物の遺棄の禁止


    各地域猫TNR活動:
    地域猫
    ⇒ さくらねこ(公益財団法人どうぶつ基金)
    ⇒ 地域猫活動(公益財団法人日本動物愛護協会)
    ⇒ 名古屋市 なごやかキャットの避妊去勢手術の補助について
    各地自治体による条例、助成補助活動は、問い合わせや検索ください。


    マイクロチップ・避妊去勢 助成について:

    ⇒ 名古屋市 犬の飼主の方に守っていただきたいことについて
    ⇒ 名古屋市 猫の飼主の方に守っていただきたいことについて
    各地自治体による条例と同時に助成補助活動は、お問い合わせや検索ください。
      

    広告

    WordPress.com でサイトを作成

    ページ先頭へ ↑

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。