宣誓!熱中症にさせない – ペットと幸せに暮らすために

犬の熱中症(熱射病、日射病)

熱中症(熱射病、日射病)は、蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しいなかでの散歩やお出かけなどが原因で発生します。急激な体温の上昇により、あえぎ呼吸(パンティング)、よだれ(流涎)といった症状が現れ、ひどい場合には呼吸困難や吐血、血便などを起こし、ときに命に関わることも。
熱中症
ほとんど汗をかかない犬は、狭い室内や車内に閉じこめられたり、水分制限されたりといった環境では体温調節が難しく、熱中症になりやすい傾向があり、初夏から夏にかけて特に気をつけたい病気です。

 
 

環境の点検と不備の改善

 
熱中症に気をつけましょう!ではなく、宣言し宣誓しましょう。熱中症にしない!!と。
 

 
犬と暮らすには、人間の暮らしに合わせさせるのではなく、私たちが犬の性質を理解し、適切な飼い方を先ず学ぶ事が大事です。
 
私たちの生活環境のなかに、犬たちの生活を組み込みながら新しい住居スペースを考えて模索してくことが望ましいと思います。これらを心得て注意するのなら、人間と犬たちもお互いにストレスなく生活することができます。
 
 

熱中症になりやすい原因

 
犬は暑さが大の苦手です。
日本の夏は暑さだけじゃなく湿度も高いですから「熱中症」や「夏バテ」にもなりやすいです。
 
熱中症
 
体温調節のほとんどを呼吸に頼らざるを得ないため、その分、人間よりも高温多湿の環境に弱く、特に水を充分に飲めない場合や排尿をがまんしてしまう環境下では、さらに熱中症になりやすいといえます。

  • 人間よりも背が低く、地面の照り返しも強く受け、地面の熱も受けるため。
  • 犬は通常38~39度の体温を維持していますが、外気温の上昇に体が対応できず40度以上になると熱中症になります。
  • 気温22度、湿度60%以上になると熱中症を発症する危険が高くなると言われています。
  • 犬は全身を毛で覆われており、人間よりも寒さに強い反面、暑い環境が苦手です。
  • 体温調節ができない。
    犬の体は足の裏のパッドを除いて汗腺が無く、全身から汗をかくことができないので、体温調節があまり上手にできません。
  • 室外と室内の温度差があり過ぎる。
    自律神経の働きを乱してしまい、体温調節がうまくできなくなったりすることもあるそうです。
  • 冷房や換気のない室内や車内での留守番、日中の散歩やお出かけなど。
    犬は汗腺がおもに肉球にしかなく、人間のように発汗による体温調節があまりできません。したがって暑くなると、舌を出してハァハァと速く浅い呼吸(パンティング)を行い、唾液を蒸散させ、気化熱で体温を下げようとします。
  • 蒸し暑い日に車内で留守番させる。
    絶対に絶対にしないでください!犬の熱中症の原因でもっとも多いのが、車内での留守番です。日差しの強い駐車場で、エアコンをつけずに停車した車内は、熱がこもり温度が急上昇します。
     
    たった数分で熱中症になってしまうことがあります。不慣れな車内での留守番に犬が不安と興奮をすれば、体温が急上昇することがあります。
  • 閉め切った室内で留守番させる。
    エアコンをつけていない室内での留守番も、熱中症の原因となります。
    閉め切った室内、特に気密性の高い集合住宅などでは、想像以上に室温が高くなります。
    カーテンをせず直射日光が室内に入り込む状態や、ケージの中などに入れ、犬が自分で涼しい場所に移動できない状態での留守番はさらに危険です。
     
    また、エアコンをつけているからといっても油断はできません。
    日のあたりやすい場所にケージを置き、その中で留守番させるような場合には、エアコンの効きめが弱く、熱中症になる危険があります。
  • 蒸し暑い日に、屋外で過ごす。
    炎天下に海や山などで遊ばせたり、直射日光のあたる屋外で繋留する場合も、熱中症の原因となります。日陰のないコンクリートの上など、照り返し(放射熱)の強い場所は特に危険です。
  • 蒸し暑い日や時間帯に散歩に連れ出す。
    蒸し暑い日中のお散歩も、しばしば熱中症の原因となります。真夏のアスファルトの上は50℃近くに達します。
    地面近くを歩く犬は照り返しによる放射熱を受けやすく、一緒に歩く人間の想像以上に暑さの影響を受けます。また、高温のアスファルトやマンホールの上を歩けば、足の裏(肉球)がやけどするという別の危険性もあります。

 
 

熱中症になりやすい犬たち

 
短頭種犬や太り気味の犬など、呼吸機能が弱い犬に発症しやすく、次のような犬が、特に熱中症になりやすい傾向があります。
 
熱中症
 

  • 短頭種の犬
  • シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボストンテリア、ボクサーなどの短頭種の犬は、体の構造上、スムーズな呼吸がしづらく、暑いほどさらに悪化するため、熱中症になりやすい傾向があります。

  • 足の短い犬
  • 地面から近いので、熱を体の中に溜め込みやすくなります。

  • 北方が原産の犬
  • シベリアンハスキー、サモエドなどの北方が原産の犬は、厚い被毛を持つため、生まれつき暑さに強いとはいえず、熱中症になりやすい傾向があります。

  • 太っている犬
  • 肥満気味の犬は、皮下脂肪が断熱材となって体内に熱がこもりやすく、かつ心臓にも負担がかかり気味です。
    そのうえ、首のまわりの脂肪によって気管が圧迫されて呼吸機能が低下し、呼吸による体温調節が難しくなるため、熱中症になりやすい傾向があります。

  • 子犬や老犬
  • 子犬や老犬は、体の生理機能が未発達であったり、逆に衰えていることが多かったりで体温調節が上手くできないため、熱中症になりやすい傾向があります。

  • 心臓や呼吸器が弱い犬
  • 心臓疾患を持つ犬や、気管虚脱という気管の病気を患う犬の場合、循環機能や呼吸機能が上手くできず、体温調節が難しく、熱中症になりやすい傾向があります。
     
     

    熱中症予防と対策

     
    熱中症を予防するには、次のようなことに注意してください。アスファルトで火傷の危険もあります。炎天下での無理な散歩や激しい運動、高温多湿の室内や車内での留守番を避けること。
     
    また、子犬や老犬や病中病後、日頃から肥満にさせないように健康管理に心がけることも常日頃から大切です。
     

     

    健康管理
    • 日頃からグルーミングをしたり、被毛の手入れをしながら体調の変化を観察しておく。
    • サマーカットなどトリミングをする。
      特に長毛種は、夏場になると被毛の中に体温がたまり、熱中症にかかりやすくなります。トリミングによって被毛を短く(パピーカット, サマーカット)刈り込むと、毛の中の空気の入れ替えがスムーズになり、熱中症にもかかりにくくなります。
    • 飲み水が絶対切れないようにする。
    • 犬はパンティングによって体温調整します。気温の上がる夏場は飲み水が絶対切れないように注意してください。脱水症状(だっすいしょうじょう)を起こし、最悪のケースでは死に至ります。

     

    家の中で留守番させる場合
    • 室内の風通しに気をつける。
    • 遮光カーテンなどを閉めて、温度の上昇を防ぎ日差しに気をつける。
    • 扇風機とエアコンを上手く使い、室温が上昇しないように心がけましょう。
    • ケージの中に入れる場合は、設置場所に気をつけること。日の当たる場所、窓際を避けること。
    • 自由にカラダを冷やし動けるスペースを増やすこと。
    • 不意な停電やエアコンの故障などの万が一に備えて、クールマットや氷水を入れたペットボトルなどを部屋に置いておくと安心です。
    • 充分な水分補給ができるよう、飲み水の量や入れ物の置き場に注意しましょう。

     

    車で出かける場合
    • 愛犬を同伴できない場所には、寄り道をしないで自宅でお留守番させる決断をする。
    • 近くの日陰や風通しの良い場所を選んで係留し、必ず誰かがそばについて脱走や迷子にしないように注意しましょう。
    • 小まめな水分補給も忘れないようにしてください。

     

    屋外で過ごす場合
    • 炎天下での激しい運動は避けましょう。
    • 日中、屋外に連れ出すときは、水に濡らした犬用シャツを着せることも効果的です。

     

    外飼いの場合
    • 室内に入れてあげる。
      涼しい室内に入れてあげることが一番です。飼い主自身が厚手のセーターを着た状態で1時間ほど犬小屋の近くにとどまってみれば、犬のしんどさがわかります。
    • やむをえない理由により犬を屋外で飼育している場合は、夜も熱中症になるので、玄関などにいれてあげるなど気をつけてください。ちなみに夏場、犬を車の中に放置することは、たとえ5分でも厳禁です。
    • 飲み水を切らさない。
      夏場はボールに入れた水も早く蒸発してしまいます。2~3時間おきに犬の飲み水を確認し、絶対切れないようにします。
    • 地面からの熱を遮断。
      犬小屋を高床式にし、熱せられた地面からの熱が、直接床に伝わらないようにしましょう。
    • 日光の直射を避ける。
      犬小屋の入り口が太陽の指す方向に向かないようにしましょう。
    • 犬小屋の日よけと配置。
      湿気のない風通しのよい日陰のある場所に小屋の置き場を変更したり、過ごしやすい環境を作り、風が小屋の中にこもった熱い空気を入れ替える効果があります。
      さらに直射日光を避ける日よけのタープを小屋周辺に設置しましょう。
    • 打ち水をする。
      犬の周辺に打ち水をすると、若干地面の温度が下がってくれます。また、犬小屋の外壁に水をかけても、少しだけ小屋内の気温上昇を抑制してくれます。

     

    散歩に連れ出す場合
    • 散歩のスケジュールを変える。
      直射日光のほか、犬はアスファルトや地面からの照り返しをもろに浴びます。人間の体感温度よりはるかに暑いと感じていますので、日の照った日中を避け、朝方や夕方に散歩時間を変更してください。飼い主が事前に、自分の手で地面の温度を確認しましょう。
    • 無理せず、短時間で済ませましょう。
      ストレスを与えないよう散歩を短時間で済ませた分は、冷房の効いた室内でボール遊びなどで犬を少し疲れさせたり、コミュニケーションを増やす工夫をしましょう。
    • できるだけ暑いアルファルトを避け、草や土の上を歩かせるようにしてあげることも大切です。

     
     

    熱中症の症状と応急措置

     

    熱中症の症状

     
    熱中症となった犬には、次のような症状が見られます。

    • 急激な体温の上昇(40℃以上)
      口を大きく開けて「ハァハァ」と息苦しそうに呼吸をしたり、よだれを大量に出すほか、悪心や嘔吐、下痢をしたり、一時的にふらついて倒れてしまうことがあります。
      さらに、目や口腔粘膜の充血(赤レンガ色、やや暗めの赤色)が起こってきます。
    • 熱中症がさらに進行した場合
      虚脱や失神、筋肉のふるえが見られたり、意識が混濁し、呼びかけにあまり反応しなくなったりします。さらには、完全に意識がなくなったり、全身性のけいれん発作を起こしたりすることもあります。
       
      症状がかなり進行すると、吐血や下血(血便)、血尿といった出血症状が見られたり、酸素をうまく取り込めずチアノーゼが見られたり、最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあります。

     

    熱中症の応急処置

     
    とにかく冷水をかけて体を冷やすこと。落ち着いたら早めに病院へ、愛犬に熱中症のような症状が見られる場合は、次のような応急処置を行ってください。
     
    病院
     
    体温を下げて症状が落ち着いたからといっても油断は禁物です。
    見た目は平常に戻っていても、体内の循環器や臓器がダメージを受けている可能性があります。必ず動物病院で診察を受けるようにしましょう。

    • 意識がある場合
      一刻も早く体を冷やし、水分補給することが大切。涼しい場所に移動させ、水が飲める状態であれば、水をたくさん飲ませて水分補給を行います。スポーツドリンクなどがあれば、それを水で2倍くらいに割って飲ませるのが効果的です。
       
      そして、冷水で濡らしたタオルを体(頭やわきの下、内股のつけね)にかけたり、風呂場や流し台で体全体に冷水をかけるなどして、急いで体温を下げることが重要です。
       
      また、体温は下げずぎないよう、こまめに体温測定を!39℃まで下がったら冷やすのをやめて、なるべく早く病院に連れて行き、獣医師の診察を受けましょう。
    • 意識がない場合
      身体を冷やして一刻も早く病院へ。冷水を体全体にかけるなどして急いで体温を下げる処置を行いながら動物病院と連絡を取り、一刻も早く動物病院に連れて行きましょう。
       
      意識がないことに慌てて、応急処置を何もせずに病院へ向かえば、途中で症状が悪化しかねません。まずは体を冷やしてあげることを忘れないようにしてください。

    熱中症
     
     

    犬の熱中症予防ポスター

    良さそうなポスターを見つけたので貼ります。クリックするとリンク先に飛びますので、コピーしたりして貼ったり、チラシとして譲渡会などにも使えるのではないでしょうか。
     

    熱中症予防
    熱中症予防-1.pdf
    熱中症予防
    熱中症予防-2.pdf
    熱中症予防
    熱中症予防-3.pdf

     
     

    外飼いについて考えてみました

    屋外でも快適な場所に犬小屋を設置

     
    室外での飼養する場合、犬小屋の設置場所をどう決めてますか?例えば、人間にとって邪魔にならないスペースに設置しようと思うかもしれませんが、その時点で不適切です。
     
    犬小屋
     
    目の届く場所、私たちの暮らしの動線内に必ず置いてあげるべきです。
     
    そうでなければ、蚊帳の外ではないでしょうか。そうでなければ、飼わなければ良いのではないでしょうか。室内で飼えるペットを考えた方が良いのだと思います。
     
    例え、暑さ寒さに強く室外で飼うのに適した犬種であったとしても、室内以上に気配りも注意も必要です。犬小屋の設置場所が悪ければ、様々な病気にかかる可能性が高くなってしまいます。
     
    お庭に余分なスペースがない場合でも「犬にとって快適な場所」に犬小屋を設置してあげるようにしましょう。
     
    どちらかといえば、犬は暑さに弱いため、雨露がしのげるのはもちろんのこと、水はけの良い湿気のない暑さもしのげる風通しの良い心地よい場所に設置するのがベストです。
     
    私の友人の話ですが、素晴らしいなぁ!と感じたのは、日中はフェンスで囲んだ庭のなかで飼っていました。
     
    キッチンやリビングから見える庭に小屋を置いて放し飼いにしたり、いつも目の届くように声をかけたりしていたのが印象的でした。日当たりが良いので、暑い季節になると屋根のある玄関脇の風通しの良い場所の壁にリードフックがり、そこに係留していたり、夜は玄関の隣のクロークを犬小屋として使っていて良いアイデアだ!と思ったほどで、彼女は季節により時間によって犬のために場所を考えてあげていました。
     
    そんなこともあり、私のなかでは室外で犬を飼うことの方が気配りや思いやりを持っていないと大変で、、自営業で一日中バタバタしてるような我が家には不向きで、犬に我慢をかけてばかりになりそうなのも想像できるので、今のところは無理だなと思ってるところでもあります。笑
     
     

    コミュニケーションを密に取る

     
    犬は社会性が高く群れる動物です。自分が家族というコミュニティに属しているという認識がないと不安になったりストレスに感じる生き物です。これは孤独や疎外感を感じたりと、私たち人間も同じですよね!
     
    室内飼い
     
    ストレスを感じると鬱や病気にかかりやすくなったり、たまに犬の問題行動のように大型犬の咬傷事件などのニュースにもなりますが、こうしてネグレクトのような状態が続くと飼い主の指示を聞かなくなったり、暴れたり暴走したりするケースもあるそうです。
     
    犬の飼い方の注意する点としてもありますが、犬にストレスを感じさせないように努めることが大事ですね!
     
    とくに室外で飼う場合には、目の届く場所におき、声をよく掛けたり、互いにコンタクトをとりあい、スキンシップをよく取るように心掛けるべきだと思います。そうすることで、室外で飼っていたとしても犬との良い関係を築くことができるでしょう。
     
    室外で犬を飼うのであれば、自分本位な飼い方をするのではなく、犬の気持ちに沿った飼い方を模索することが大切です。
     
    犬が本当に寂しくないか、私たちとコンタクトをとれるか、快適な状況で暮らせるよう、常に注意を払うよう心がけて欲しいです。
     
     

    向き不向き

     
    犬の飼い方の注意点!室外で飼うのに適した犬種についてご存知ですか?
    どんな犬でも室外で飼うのに適した犬というわけではありません。実際にダックスやチワワを平気で室外で飼っていたりする虐待に似た飼養環境の飼い主の方もいるのです。
     
    室外で犬を飼う際、大型犬だからとかではなく、その犬の特徴や性質、室外飼いに適した犬種であるかどうかを調べたり知っておく必要があるでしょう。
     
    一般的に、柴犬や秋田犬、甲斐犬や紀州犬などの日本犬(日本古来の犬種)は、室外で飼うのには適した犬と言えますが、現代では犬や猫の室内飼いが基本とした傾向となっていますが、まだまだ全てのかたへの周知には至っていないのも現状で、残念ながら問題のある飼育方法をされてる方もいるのです。
     
    室外でも問題がなさそうな特徴としては、ダブルコートの犬種かどうかで判断できます。
    ダブルコートの犬は、季節によって毛が抜け変わります。寒さにも比較的強いため、室外で飼うのも問題がないと言えそうです。
     
    ただし、ダブルコートの犬でも、子犬や病中病後、老犬などの場合は、健康を守るために室外飼養から室内飼いに変えるようにしましょう。
     
     


    Please be careful of heat stroke.
    皆さんの愛犬とともに今年も健康で楽しい夏をお過ごしください。
    Lovely days

    広告

    WordPress.com でサイトを作成

    ページ先頭へ ↑

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。