LOST PETS – 迷子にさせてしまったら

迷子にさせてしまったら

迷子の動物は飼い主さんから離れ、様々な危険にさらされています。迅速な飼い主さんの行動が大切です。
そのうちなどありません、帰ってくるのを待つような無責任な行為はやめてください。

 

震災などの災害のとき、保護された被災ペットの飼い主がわからず、保護主も飼い主も探しているのに、なかなか巡り会えないケースがたくさんありました。今もまだ会えていないペットや飼い主もいます。

せっかく動物たちが保護してもらえて命が助かったのに、飼い主さんとずっと会えないなんて悲しい事はありませんね。ペットを飼った、その日から迷子対策が重要となります。
 
 

迷子にさせてしまったら
  •  

  • 迷子になった地域の保健所、動物管理センター、警察への逸走届けを速やかに行いましょう。交通事故を考えて清掃センター、動物病院などへも連絡をしましょう。
  •  
    ⇒ 全国保健所・愛護センター
    ⇒ 全国警察署
    ⇒ 全国動物病院
     

  • 届け出先に連絡を入れたから見つかるものではありません。目撃情報や見つかるのを「待つもの」ではありません。
  •  

  • 犬たちの目線や姿勢の低さや行動の特徴や犬種の特徴などを考え、飼い主さん自らの足をつかって見つかるまで探しましょう。
  •  

  • ポスターやチラシを配る、目撃情報の聞き込み、新聞の広報、地域の広報や回覧板、ラジオやローカル番組、インターネットの掲示板等を利用して、捜索の協力をお願いをしましょう。
  •  
     

    すぐに探す

     
    付近をすぐに探しましょう。
    向かった方角を頼りに付近の目撃情報を得ながら捜索しましょう。迷子の犬は移動して、日を追うごとに飼い主から遠く離れていってしまいます。捜すエリアもどんどん拡大し難しくなる上、交通事故などの危険に遭う可能性も高くなっていきます。
     
    側溝、田んぼ、川や川沿いの茂みの中、静かな建物の隙間、公園などの茂みなど、迷子の発見に至ったケースからの情報を集めて探しましょう。
     

     
    猫は、犬と違い、自治体に捕獲されることは基本的にありません。地域猫の活動のある場所では、ボランティアの皆様にも見かけていないか声かけをして、情報を集めましょう。
     
    室内飼いの猫が外にとび出した場合はもとより、毎日帰って来る外飼いの猫が帰って来ないときには、何らかのアクシデン卜に遭った可能性が考えられます。
     
    実際、自治体に負傷動物として保護される猫は、生死の境をさまよう重症であることがほとんどです。いなくなったらすぐに捜し始めることが重要です。
     
     

    運よく保護された動物は

     
    最近では、迷子犬や猫たちは意識や知識のある方、優しい心の皆様は警察などへの届け出の後、一般の家庭で『預かり・保護』していただくことも増えてきています。が、通常は通報(届け出)により警察に預けられた迷子のペットたちは、全国の自治体の保健所や動物愛護センターに『迷子動物』として、時に負傷したりした動物が保護収容されています。
     

    所有者の明示の義務

     
    愛犬、愛猫であるにも関わらず、普段から迷子に備えた管理や義務を果たす事ができてない飼い主はとても多いことが殺処分問題にも繋がっています。
     
    無事に保護されたものの、動物愛護法による飼い主の義務を果たされず動物たちの所有者や身元を示す名札や鑑札等がついていないために、すぐに飼い主に連絡することができないという、もどかしい状況が『問題』にあります。
     
    これは、行政の行う殺処分が悪いことではなく、私たち飼い主がすべき責任を果たすこと、定められたルールを守ることで、動物たちの命を守ることである自覚と正しい認識を持ってください。
     

     
    また飼い主からの迷子犬や迷子猫の届け出や問い合わせもないために、多くの犬や猫が家に帰れずにいます。この結果、最悪な場合に『殺処分』となります。
     
    各地域の行政とボランティアの皆様による殺処分ゼロの取り組みから、新しい飼い主に譲渡されるケースも増えてはきていますが、収容数に比べれば、その数は少ないと言われています。
     

     
    それだけ多くのペットたちを迷子にしている飼い主が多く、飼い主不在の動物たちが収容されています。それ故に多くは『殺処分』されているのが現状と問題なのです。
     

    迷子ゼロ!殺処分ゼロ!!

     
    一番には迷子にしないための飼養を見直して努力してください。お願いします。
     
    万が一、ペットを迷子にしてしまったなら「そのうち帰ってくる」と構えず、すぐに探し、迷子になった地域の保健所、動物管理センター、交番、動物病院などへ連絡をして早い捜索にあたりましょう。
    ⇒ 無責任飼い主ゼロ!
     
    さらに長期の迷子の場合には、愛護センターや地域の譲渡会、保護団体などへの問い合わせや相談などを検討してみてください。
     
    時間はかかっても再会、発見できるタイミングもあるので保護の連絡を待つだけではなく、諦めずに自ら様々な方法で探してあげてください。
     

    知らない人も多いかもしれませんが、鑑札の装着は法律で義務付けられています。
    因みに、鑑札と狂犬病予防注射済票を付けていない場合、20万円以下の罰金となります。

     
     

    犬の探しかた

     
    迷子になった犬は、無目的に歩き続け、どんどん離れていってしまいます。運動能力の高い大型犬などでは、一日何十kmも移動することもあります。
     
    個々の犬の移動能力を考えて、いなくなった場所を中心に、同心円を描くように捜していくと効果的です。
     
    ポスターやチラシを配る、地域の目撃情報を集める、ラジオや新聞の広報、SNSやインターネットの掲示板等を利用して、捜索をおこないましょう。
     
     

    猫の探しかた

     
    猫は体調が悪かったり、慣れない場所に迷い込んだ場合、暗くて狭いところでじっとしている習性があります。いなくなった場所の付近で、縁の下やビルの隙間など、身を隠せるような場所を重点的に探すと効果的です。
     
    室内飼いの猫がいなくなったときには、まず室内を徹底的に捜してください。臆病な猫では、何かに驚き、普段なら考えもしないところに何回も隠れていることもあります。
     
    室内にいないとなったら、物置の中、冷暖房の室外機の下、植え込みの中など、家の周囲の狭くて暗いところを捜してください。室内飼いの猫は、外に出ても遠くに行かないことがほとんどだそうです。
     

     
    猫は、放し飼いがまだ普通に行われているので、道などを歩いていても不自然ではありません。写真入りポスターなどで捜していることを付近住民にアピールすることも重要です。
     
     

    届け出・捜索の連絡先

     
    ⇒ 全国保健所・動物愛護センター
     
    ⇒ 全国警察署一覧
     
    ⇒ 全国動物病院検索
     
    ⇒ 収容動物の情報を掲載している自治体の一覧
    動物愛護管理センターで犬を保護しています。 犬の飼い主と思われる方は、センターまで至急ご連絡ください。 なお、保護直後で情報が掲載されていない場合もありますので、飼い犬が逃げ出した場合は、該当の有無にかかわらずご連絡ください。
     
    ⇒ 譲渡会等のお知らせ
    自治体でおこなわれている譲渡会や事前講習会など、譲渡に関する情報を掲載しています。あわせて、各自治体のリンク先を掲載していますので、詳しくはそちらをご覧ください。長期の迷子の場合には、こうした譲渡会などで発見できるタイミングもあるので連絡を待つだけではなく、諦めずに自ら探してあげてください。
     
     

    ポスター・チラシによる捜索

     
    これは目撃情報の収集や、犬や猫を保護した人たちにも飼い主さんを探すために有効なものとなります。日々の捜索と同時に付近の方々に声かけしながら、目撃情報を訪ねたり、チラシ配布やポスター貼りも行うとよいでしょう。


     
    大切なペットを保護するためには、多くの行動を継続的に起こす事が何よりも大事です、さらに周辺地域の方々の協力を得られるように呼びかけていきましょう。
     

     
    ポスターやチラシは作り方しだいで、とても効果的な媒体になります。わかりやすくシンプルに目立つように書くようにしましょう。
     
    掲載の写真は、加工のない犬や猫の特徴がよくわかるようなものを載せるようにしましょう。
     
    特徴(名前、首輪、オスorメス、毛並み、模様)などをわかりやすく掲載しましょう。
     
    電話番号、連絡先は、目撃情報者からの連絡に直ぐに応答でき、駆けつけることができる番号が良いと思います。今は何かと物騒なので、住所はいれずに、電話番号(携帯電話)と苗字だけを掲載するようにしましょう。
     
    捜索手段として、ポスターは守りの方法と言えます。攻めの方法は、チラシ配りです。声をかけるのと、ただ掲載しているのでは影響力が違いますので、できれば両方を行うようにするといいと思います。
     
    できるだけ多くの人の足が止まるところに貼らせてもらうのがいいので、町内の掲示板や回覧板、スーパーやコンビニ、ガソリンスタンド、飲食店や美容院、動物病院やペットショップなどには積極的にアプローチする事が大切です。
     
    公共の場所に掲載するときは、かならず許可を得るようにして、見つかった場合は、いつまでも貼っておくのでなく速やかに剥がすようにしましょう。
     

     
    till death do us part, with all my love.
    皆さまと愛犬の健康と楽しい一日を願っています。Lovely days


    Related articles:

    ⇒ 動物愛護法に伴う、義務と責任・適正飼養に関する資料
    ⇒ 迷子にさせないために
    ⇒ 迷子にさせてしまったら
    ⇒ 迷子を見かけたら
    ⇒ 動物の虐待の禁止
    ⇒ 動物の遺棄の禁止


    各地域猫TNR活動:
    TNR
    ⇒ さくらねこ(公益財団法人どうぶつ基金)
    ⇒ 地域猫活動(公益財団法人日本動物愛護協会)
    ⇒ 名古屋市 なごやかキャットの避妊去勢手術の補助について
    各地自治体による条例、助成補助活動は、問い合わせや検索ください。


    マイクロチップ・避妊去勢 助成について:

    ⇒ 名古屋市 犬の飼主の方に守っていただきたいことについて
    ⇒ 名古屋市 猫の飼主の方に守っていただきたいことについて
    各地自治体による条例と同時に助成補助活動は、お問い合わせや検索ください。

     

    広告

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。